スポンサードリンク

2007年04月03日

医療事務の受付について

医療事務の受付については、入力やレセプトなどとは違って、対人の接客能力が必要です。
新患や急患の場合など、症状や訴えから適切な科に案内したり、看護師を呼んで対応してもらうなど緊急を要するものかの判断も必要です。

病院では、若くて医療事務経験の少ない人を配置するケースも多いです。本来は、経験豊富で疾患や治療内容にも精通している人を配置した方が、患者にとっても親切だし、自分で判断してスムースな対応が可能だと思います。

他にも、受付や会計窓口というのは、患者が苦情などを言いやすいためか、診療に対する不満なども出てくることがあります。
最初は支払いの内容に対する苦情ということで呼ばれても、よくよく話しを聞いてみると、医師や看護師の対応等に対する不満が発端であったりすることも少なくありません。

経験の少ない人を配置する場合には、周りがフォローできる体勢を整えたりといった配慮が必要です。

 
posted by yasu at 19:21 | 医療事務について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。